7月5日(木) 配信メルマガ「飛び出しトーク」はこちらから

梅雨入りのニュースを聞いて、雨を心配していましたが、当日は気持ちの良い快晴となりました。たくさんの方にお越しいただきまして、誠にありがとうございました。

AO・推薦入試ガイダンスや学科体験コーナー、相談コーナーなどに、多くの高校生が熱心に参加し、しっかりと進路研究をしている姿が印象的でした。今回もたくさんの写真と一緒に当日の様子をお届けします!


◎<無料シャトルバスの到着>
朝9時、本厚木駅のバス乗り場には神奈川工科大学のシャトルバスを待つ列ができていました。受付開始の9:30には、既に到着していた皆さんも多く、本学のオープンキャンパスへの関心の高さを実感しました。

★次回は、東京、大船、平塚、長野、松本、静岡、富士、沼津、三島、甲府、大月、そして本厚木駅より本学まで無料シャトルバスが走ります。


◎<受付説明>
神奈川工科大学のオープンキャンパスは、情報学部棟での「受付説明」から始まります。所要時間は約15分間。ここでガイドブックなどが入ったバッグを受け取り、学生スタッフから一日の流れやお知らせなどの説明を聞きます。


下記は受付説明に配布される袋の中味。ガイドブックにはキャンパス内の地図が掲載されているので、手に持ったまま移動するのがお勧めです。ランチとドリンクの無料券もついています。
◎<各種ガイダンス>
今回は、大学概要ガイダンス、AO入試・推薦入試ガイダンス、系統別ガイダンス、一般・センター方式入試ガイダンス、専門高校生対象ガイダンスを実施致しました。どのガイダンスにも多くの方に参加いただきスタッフ一同、嬉しく思っております。




◎<キャンパスツアー>
在学生がキャンパス内を案内する人気のキャンパスツアーです。今回は予想をはるかに上回る参加者数にスタッフもびっくり!


◎<施設公開>
KAIT工房は「ものづくり専用の施設」です。在学生の「ものづくり」を支援するための設備が充実。専門スタッフが常駐し指導やアドバイスを行っています。
061007
★次回7/15オープンキャンパスでは『ものづくり体験 in KAIT工房』を実施!
レーザー加工機を使ってのキーホルダー製作やデジカメ写真を使ったハンカチ作り、木製手作りコースターなどが体験できます。



◎<学食ランチ> ★無料です!
今回のオープンキャンパスでは、ボリュームに定評がある第一食堂と女子学生に人気の情報学部棟12階のカフェレストランで、学食ランチがサービスされていました。

今回は第一食堂を取材してきました。

第一食堂ではJAZZ研究部による生ライブも実施!JAZZを聞きながらのランチはいかがでしたか?




ここからは、各学科の展示見学や実習体験から印象的なシーンをピックアップしてお届けします!学科スペシャルは、各種ガイダンスと平行して午前中から開催されています。



◎<ミニ講座>TV「家電の学校」を参考に、LED電球の特性を見てみよう
従来の電球とLED電球の違いをはじめ、LED電球の特性についてのミニ講座が、随時開催されていました。参加者からのたくさんの質問に、先生もやりがいを感じていたようです。


★創造工学部 ホームエレクトロニクス開発学科
次回7/15オープンキャンパスの予定はコチラ↓
家電を解体して、その仕組みを見てみよう。また「LED電球」をテーマに、省エネで話題のLEDについて徹底的に検証します!



◎<パネル展示他>
新幹線や超電導浮上式鉄道など、乗り物に関する先端技術を研究する田辺研究室のパネル展示の様子。


◎<実習体験> 
機械工学科のフライトシミュレータの実習体験の様子です。2枚の写真は、どちらもフライトシミュレータですが、その目的や用途には違いがあります。

こちらは、小林研究室のフライトシミュレータ。パラメーターを変えたり、さまざまな条件を変えたときのフライトの状態を調べることができます。実験を通じて得られたデータは新たな開発に役立てられます。

次の写真は、航空宇宙学専攻のフライトシミュレータで、ボーイング737の離着陸体験ができます。パイロット養成のための訓練でも使用されているフライトシミュレータです。航空宇宙学専攻には、この他にセスナの飛行体験ができるフライトシミュレータもあります。
★工学部 機械工学科
次回7/15オープンキャンパスの予定はコチラ↓
フライトシミュレータで、セスナやボーイング737の操縦に挑戦!3次元CADを使った立体視設計の体験や、「ペットボトルロケット&ペーパープレーン大会」への参加もできます。



◎<実習体験>超小型電気自動車模型製作を体験
最初に先生から「Pico-EV」の車両について解説があり、その後、超小型電気自動車模型製作に取りかかります。ちなみに、今年3月に開催された単3電池6本だけで走るPico-EVの競技会では、本学のチームが優勝、準優勝しました。
061012
◎<車両展示>
在学生が製作したプロジェクト車両の展示が図書館の前で行われていました。シンプルに見えますが、さまざまな技術が使われています。

向かって左下の黄色い車両はソーラーカープロジェクトの車両。その隣はフォーミュラEVプロジェクトの車両です。2013年にはそれぞれオーストラリア大会やドイツ大会に参戦することを目標としています
061012
★創造工学部 自動車システム開発工学科
次回7/15オープンキャンパスの予定はコチラ↓
全研究室を公開!自動車に関連した魅力ある研究内容に触れ、自動車開発の面白さを知ってください。「AO入試(プロジェクトチーム参加型)」の説明も行います。



◎<展示/実習体験>
栄養生命科学科の学びの特徴について、パネルを使って先生や在学生が説明していました。スポーツや医療、食育はもちろん、家電開発にまで管理栄養士の知識が必要とされている昨今は、女子高生だけでなく、栄養の分野に興味を持つ男子高校生も増えている様です。

◎<実習体験>骨密度とヘモグロビンを測定して体の仕組みを見てみよう!
ヘモグロビンが指で簡単に測定できることに驚きました。骨密度は同年代の平均値よりも低めという人も…。成長期にはたくさんのカルシウムが必要です。カラダの中の数値がわかると、自分の生活に必要なことが見えてきます。
★応用バイオ科学部 栄養生命科学科
次回7/15オープンキャンパスの予定はコチラ↓
次世代の食環境を創造するため、栄養分野だけでなくバイオ科学関連も含めた多彩な研究活動を行う研究室を紹介。最先端のテクノロジーを備えた管理栄養士養成施設も公開します。



◎<実習体験>ミニ実習体験 - ナスの果実の色を変えてみよう
薄く剥かれてナスの皮を細かく刻み、すりつぶして、青紫色の色素抽出液(アントシアニン)を取り出します。


★応用バイオ科学部 応用バイオ科学科
次回7/15オープンキャンパスの予定はコチラ↓
どんどん変化していくバイオテクノロジーの世界。先進機器を備えた「バイオサイエンスセンター」を見てみよう。



◎<研究紹介/実習体験>
研究紹介「化学で紐解く宇宙の世界、分子の世界を見てみよう」では、電波を使って宇宙からの情報を手に入れ解析する技術を紹介。実習体験では「生活に欠かせない機能性の高分子を作ってみよう」などの実習体験が行われていました。


★工学部 応用化学科
次回7/15オープンキャンパスの予定はコチラ↓
環境浄化や機能性材料、医療品開発など、さまざまな分野にひろがる応用化学科の研究内容とカリキュラムを紹介します。化学の最先端に触れてみよう。



◎<実習体験>ロボットの操縦体験
ロボットは、バンダイロボット研究所から販売されている「ネットタンサー」。インターネット経由でロボットの遠隔操作ができます。

★創造工学部 ロボット・メカトロニクス学科
次回7/15オープンキャンパスの予定はコチラ↓
ロボット展示室では、大学で研究・開発しているロボットなどの見学や、操作を体験。最新の福祉機器を試用体験できるライフモデルルームも公開します。



◎<体験実習>
自転車で作った電気で、かき氷を作るという体験イベントです。思い切りペダルを踏んだ成果は、かき氷何杯分? かき氷を見つめる在学生たちの笑顔にも注目!


◎<実習体験>マイコン回路製作
毎回人気の実習体験です。マイコンを使ってLEDを光らせたり、音を鳴らしたりします。初めてハンダを握る初心者でも在学生にサポートしてもらいながら、15分から20分くらいで仕上げられます。

★工学部 電気電子情報工学科
次回7/15オープンキャンパスの予定はコチラ↓
皆さんの電気に関するギモンに答えます!MPLAB-X講習会やPICマイコン講習会を開催するほか、先進太陽エネルギー利用研究所を案内します。



◎<研究展示>
手書き認証やウィルスやウイルス感染のデモンストレーションなどの研究展示が行われていました。

写真は手描き認証の体験の様子です。自筆のサインを登録してパスワード代わりに使用する手描き認証は、ID・パスワードのように覚えておく必要がなく、他人に真似されても本人と認証される確率が非常に低いなどのメリットがあります。


次の写真は、ネットワークを通して家の中の監視や操作ができるネットワーク・セキュリティ・ロボットの操作体験です。固定カメラと違ってロボットは自走できる分、死角も少なく、侵入者を威嚇することもできます。
★情報学部 情報ネットワーク・コミュニケーション学科
次回7/15オープンキャンパスの予定はコチラ↓
仮想空間を作り出すバーチャルリアリティシステムの体験や、ネットワークゲームの体験のほか、セキュリティ技術の研究に触れられます。



◎<実習体験>初心者でもできる、パソコン組み立て体験
先生の説明にそって、パソコンを組み立てて行きます。参加者は、普段は見ることがないパソコンの内部に興味津々!高校生だけでなく保護者の方にも人気の体験です。

★情報学部 情報工学科
次回7/15オープンキャンパスの予定はコチラ↓
ミニIT体験講座では「スクラッチ」を利用したマウスによるゲームの作成を体験。また、研究室で開発している情報システムや実験機器を、先輩が実演しながらわかりやすく紹介します。



◎<モーションキャプチャスタジオ>
写真は、情報学部棟12階にある、モーションキャプチャスタジオです。人物の動きをデジタル信号として記録することができます。



◎<実習体験>ArduinoとLEDマトリックスを使って電光掲示板を作ろう
基本的な内容からスタートし、最後は電光掲示板に文字を光らせます。根気のいる作業だけに、完成したときの嬉しさも大きいです!

★情報学部 情報メディア学科
次回7/15オープンキャンパスの予定はコチラ↓
CG作成に欠かせないモーションキャプチャスタジオや、サウンドクリエイティブスタジオを見学。ゲームクリエイターをめざす先輩たちの作品も公開します。



◎<保護者対象説明会>
各種奨学金や学費、最新の就職状況、ひとり暮らしの支援体制などについての説明がありました。奨学金の月額借入金と卒業後の返済シミュレーションや仕送りゼロプランなどを聞く参加者の方の真剣さが印象的でした。

★次回7/15オープンキャンパスでも実施いたします。ぜひ、ご参加ください。



◎<女子限定企画>
オープンキャンパスでは、毎回学生会館KAIT HALL(カイトホール)3階にある女性専用フロアで、Girls Programが開かれています。各学科の女子学生が参加者の質問に体験談を交えながら答えます。

「学科を選んだ理由」と「入学後の学び・学生生活」をあわせて聞くと、進路研究の参考になり、より具体的に学生生活がイメージできます。


今回は、新幹線通学を経て、今年から一人暮らしをスタートした2年生の体験談が印象的でした。Q&A形式でご紹介します。

Q:1年次の時の通学について教えて下さい。
A:自宅から通学して欲しいという両親の希望もあり、富士宮から新幹線も使って通学していました。定期代は月に7万円くらいでした。

Q:一人暮らしをしようと思った理由やきっかけは?
A:理由は2つあります。1つ目は大学に通うだけで精一杯なので、家のことは母に任せきりになっていました。このままでは自立できないので…と心配になりました。

2つ目は、通学時間がかかるので、時間のやりくりが大変だったことです。通学時間を勉強にあてられればいいですけど、どうしても寝てしまうんです。最終の新幹線で寝過ごして浜松駅まで行ってしまったこともあります。

Q:一人暮らしはいかがですか?

A:楽しいです。部屋は月4万5千円を条件に大学近くの不動産屋さんに探してもらいました。広さは8畳で収納もあるし、トイレとお風呂は別になっているので気に入っています。自宅からの通学も体験しているからわかる、一人暮らしの良さは多いです。


◎<総合相談>
個別の質問や相談に大学職員が丁寧に答えます。「私の場合は…」など気になることはなんでも相談ください。場所は情報学部棟の2階で、予約は不要です。
◎<学生スタッフ>
オープンキャンパスで各種案内や誘導を担当している学生スタッフたちをパチリ!


★次回オープンキャンパスのメインテーマは研究室大公開!
日時は、7月15日(日)10:00~16:00です。
詳細はコチラ↓
http://op.kait.jp/new_op/op

【無料シャトルバス】
★交通費不要!全国11カ所から無料シャトルバスが走る!(要予約)

◎東京/大船/平塚/長野/松本/静岡/富士/沼津/三島/甲府/大月から本学まで一直線!☆シャトルバスの詳細とご予約は下記URLからどうぞ。
http://op.kait.jp/shuttle_bus/

★小田急線で来る人はコチラから↓
小田急線本厚木駅北口バス乗り場から8:50~12:50の間、15分間隔で無料シャトルバスが運行します。(予約不要)

★オープンキャンパスの年間スケジュールはコチラ↓
http://op.kait.jp/year


★横浜スタジアムに本学のポスター登場!
横浜スタジアムで行われる全国高校野球神奈川県大会の期間中、Aゼロ版の大きなポスターが掲示されます。(クリックすると大きくなります。)



>>メールマガジン登録フォームはこちら