8月6日(金)配信メルマガ「飛び出しトーク」はこちらから



 8月1日(日)夏休みに入って最初のオープンキャンパス。猛暑にもかかわらず、たくさんの高校生の方、保護者の方にご来場いただき、誠にありがとうございました。 今回も、当日のキャンパスの様子をメルマガスタッフが取材しました。写真と共にお届けします。


大学概要ガイダンスをはじめ、AO入試・推薦入試ガイダンス、系統別ガイダンスにもたくさんの方にご参加いただきました。これらのガイダンスを通して、神奈川工科大学の全体像や入試方式、学びの特徴などをご理解いただけると幸いです。



今年度3回目のオープンキャンパスということもあり、大学概要ガイダンスなどに参加する代わりに、KAIT工房でものづくり体験をする参加者も多く見られました。
カイト工房1

日常生活では馴染みのない機械を操作できるのも、神奈川工科大学のオープンキャンパスの魅力の1つです。KAIT工房の専門スタッフが指導してくれるので安心して製作体験ができます。
カイト工房2

学科別相談

各種ガイダンスや「ものづくり in KAIT工房」などと平行して、学科別相談が行われていました。参加者は先生や在学生の説明を通して、学科ごとの学びの特徴や施設・設備など、パンフレットではわからない細かい情報を得ることができたようです。

◎応用バイオ科学部応用バイオ科学科<学科相談・施設紹介など>
体験をふまえた在学生の説明は説得力があります。参加者と年齢が近い分、話し易く質問もしやすいようです。
応用バイオ科学科
 
◎応用バイオ科学部栄養生命科学科<学科相談・施設紹介など>
パネルを使い学科紹介や設備についての紹介が行われていました。女子高校生だけでなく、男子高校生の姿もよく見かけました。男子高校生の関心が高いのも、神奈川工科大学の栄養生命科学科の特徴かもしれません。

栄養生命科学科



◎<無料ランチ体験> オープンキャンパスのお楽しみタイムです!
神奈川工科大学には、3つの食堂とカフェレストラン、そしてマクドナルドがあります。オープンキャンパスでは、ボーリュームに定評がある第一食堂と女子学生に人気のカフェレストランでランチが食べられます。下記写真は、情報学部棟12階にあるカフェレストランのメニューの一部です。



研究室体験&学科スペシャル

今回のオープンキャンパスのメインテーマ「研究室体験」や学科スペシャルから、一部をピックアップしてご紹介します。

応用化学科
◎<研究室体験>Bコース 
色のある綺麗な有機化合物を分離して最新機器で構造を確かめよう

白衣を着用し、本格的な設備での実験が行われていました。有機化合物を分離し、色ごとに分けていきます。
応用化学科
◇参加者の感想 高校2年生女子  
普段使えない機器などを使って、本格的な実験ができて楽しかったです。分離した物質はとてもキレイでした。
●東京都より●母と参加/2回目

ロボット・メカトロ

◎ロボット展示室
◎<研究室体験>Aコース 脳科学研究~人間の大脳の活性状況を調べる~
高校では見ることがない貴重な機械や機材を使った説明に、より興味を深めた参加者も多かったようです。
 
ロボット・メカトロニクス
 
◎<研究室体験>Bコース ロボットを作ろう
設計図を見ながら、先生や在学生にアドバイスをもらいながら、参加者たちは真剣に取り組んでいました。
ロボット・メカトロニクス学科2

◇参加者の感想 高校1年生男子  
創造工学部のロボット・メカトロニクス学科の研究室体験Bコースに参加しました。専門知識も必要なので難しかったけれど、さらに興味がでてきました。在学生の説明はわかりやすかったです。高校よりも広く自由な感じがいいと思いました。
●静岡県より●友人と参加/初回

★次回8月29日のロボット・メカトロニクス学科【ロボット開発コース】の実習はロボットを作ろう[小型ロボットの製作]を予定しています(要予約)

ホームエレクトロニクス開発学科

◎<学科スペシャル>
 ホームエレクトロニクス開発学科の先生のオリジナルキットです。LED照明をつかった植物の育成は、食料自給率が低い日本を救う技術として期待されています。

情報工学科

◎<学科スペシャル>
「加速度センサを使ったテニス動画検索」や「携帯電話を用いたリアルタイム授業支援システムの開発と運用」「お部屋のレイアウト支援システム」などの説明が行われていました。
情報工学科
在学生の説明もオープンキャンパスの回を追うごとに上達しています。こうしたオープンキャンパスでの経験は、プレゼンテーションや就職活動でも役に立ちます。

情報メディア

◎<研究室体験> (予約不要)
3DCGを駆使してゲームやアニメージョンを創作している大学生たち

先生や在学生が、実際に使用しているソフトを使って、ゲームやアニメの創作方法などを説明してくれます。どのようにゲームやアニメを制作しているのか?この学科では何が学べるのか?卒業後の進路は?など高校生や保護者の興味は尽きないようです。
情報メディア1
◎<学科スペシャル> ゲームやCG作品の展示
ゲーム業界やアニメ業界に興味がある参加者たちは、在学生たちの説明を興味深く聞いていました。
情報メディア2
◎<学科スペシャル> サウンドクリエイティブスタジオの公開
音楽好きにはたまらないスタジオです。バーチャル楽器を使って作曲された作品を5.1chや立体音響で録音。DVDやCD製作もできます。

情報メディア3

★次世代音楽・音響システムプロジェクト
入学した1年次の4月から開始、音にこだわり、研究することができ、どこまでも高品質な音楽を追求し続けることができるプロジェクトです。音楽好きの人ならば、情報学部だけでなく、工学部、創造工学部、応用バイオ科学部を含むすべての学科の学生が参加できます。

電気電子情報工学科

◎<研究室体験>Aコース 画像処理入門 ~デジカメ画像を加工しよう~
◎<研究室体験>Bコース 光・プラズマ科学入門 ~LEDミニスタンドを作ってみよう~

画像処理では、専門のソフトを使って写真の赤目の修正や日付を消すといった体験が行われていました。下の写真は、目を大きく拡大して修正を行っている様子です。
電気電子情報工学科
部屋が明るかったため、残念ながら写真ではLEDがあまり目立たないのですが、暗い部屋では、かなり頼りになる光です。写真でお伝えできないのが残念です。

★次回8月29日(日)の電気電子情報工学科の実習体験は、マイコン回路製作体験教室を予定しています(要予約)。

機械工学科

◎<研究室体験> Cコース 色々な流れの現象を見てみよう
写真はカルマン渦の実験です。カルマン渦とは、流れのなかに障害物を置いたとき、または流体中で固体を動かしたときに、その後方に交互にできる渦の列をいうのだそうです。ここでは煙を使って渦ができるのを見せていただきました。

機械工学科
◎<研究室体験> Bコース ロボットのメカニズム

参加者たちは、先生の説明を聞きながら、画面に画像を拡大したり縮小したり、回してみたり…。「3DCADの画像は絵ではなくロボットの設計図です」という先生の言葉が印象的でした。在学生には当たり前のことも、高校生の参加者には新鮮に感じることも多いようです。

機械工学科2

★神奈川工科大学は、8月14日(土)、15日(日)に日本科学館で開催される「流れのふしぎ展」を共催しています。

これからも高校生の皆さんに、神奈川工科大学の学部学科の魅力を伝え、そして満足してもらえる企画をお届けします!

次回のオープンキャンパスは8月29日(日)「授業体験<授業編/実習編>」です。
<実習編>の方は、定員を設けていますので予約が必要です。
皆さんのご参加をお待ちしています!
詳細はこちら→ http://op.kait.jp/backnumber/vol4

☆企画広報課までお気軽にお問合せ下さい。
kikaku@kait.jp

>>メールマガジン登録フォームはこちら