神奈川工科大学メールマガジン【2012 VOL.2】


◆<KAIT>================================================◇◆
    神奈川工科大学メールマガジン  【2012 VOL.2】
        http://www.kait.jp/    -2012.4.5-
     ☆情報メディア学科「Media Expo 2012」報告 他☆
◆◇====================================================◇◆

 今年も春がやってきました!KAITメルマガ編集部です。

 昨日、パシフィコ横浜の国立大ホールで神奈川工科大学入学式が
 行なわれました。栄養生命科学科がスタートして以来、毎年女子
 学生が増えている本学!彼女たちの華やかさがキャンパスを益々
 元気にしていく、そんな気がしました<^!^>

 3/25(日)のオープンキャンパスにお越しいただきました皆さん
 ありがとうございました。神奈川工科大学を身近に感じていただ
 けたら嬉しいです。

 ★3/25(日)のオープンキャンパスレポートはコチラ↓
 体験イベントの写真が満載です!
 http://www.kait.jp/mailmagazine/talk20120405_2.html

━INDEX*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】パワーアシストハンドが実用化!進む産学連携
【2】学生自作!超小型電気自動車(Pico-EV)の競技会
【3】情報メディア学科☆「Media Expo 2012」報告
【4】スーパー管理栄養士への道☆広がる管理栄養士の活躍の場
【5】飛び出しトーク☆ボランティアサークルの団体交流会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆⇒<パワーアシストハンドが実用化!進む産学連携>========◆

 3/17(土)、NHKニュース「おはよう日本」で、本学ロボット・
 メカトロニクス学科・山本研究室と「ロボット研究開発拠点都市
 プロジェクトチームアトム」との産学連携から生まれたリハビリ
 用パワーアシストハンドが紹介されました。

 リハビリ用パワーアシストハンドは樹脂製のBellows(蛇腹)と
 空気圧を組み合せることで、間接の曲げ伸ばしを柔らかく、安全
 にアシストし指のリハビリに役立てる福祉機器です。既に厚木市
 内のリハビリテーション施設で使用されており、商品化も決まっ
 ています。

 同番組では、山本先生が研究開発している介護用ロボットスーツ
 「パワーアシストスーツ」を着用した女性が、体重80kgの男性を
 子どもの様に抱き上げる様子も紹介されました。

 ☆ロボット・メカトロニクス学科・山本研究室
 http://www.kait.jp/ug_gr/undergrad/creative/robotics/academic/yamamoto.html
 ☆ロボット研究開発拠点都市プロジェクトチームアトム
 http://www.t-atom.com/?p=26

◆<学生自作!超小型電気自動車(Pico-EV)の競技会>=======◆

 3/3(土)、学生が自作した超小型電気自動車(Pico-EV)の競技
 会「Pico-EV・エコチャレンジ2012」を開催しました。
 競技会内容は、単三充電式ニッケル水素電池(1.2V,1900mAh)を6
 本使用して30分間の走行距離を競うというものです。

 今回は、神奈川工科大学、東京電機大学、中国職業能力開発大学
 校、日本文理大学、東京工業大学の5大学11チームより、前大会
 の3倍近い60名が参加。午前中に公式予選を、午後には本戦を行
 い、走行後には他チームとの技術交流を行いましいた。

 ☆優勝  神奈川工科大学 「micro FCV Project」記録:3,076m
 ☆準優勝 神奈川工科大学 「ペンギンズ」記録:2,889m
 ☆3位  日本文理大学 「日本文理大学」記録:2,526m

 ☆「Pico-EV・エコチャレンジ2012」の詳細はコチラ↓
 http://www.kait.jp/news/368.html

◆<情報メディア学科☆「Media Expo 2012」ご報告>=========◆

 3/17(土)、情報メディア学科では、日頃の学生の研究成果を発
 表する場として、2011年度学生成果発表会「Media Expo2012」を
 東京・秋葉原で開催。当日は、数々のゲームのデモプレイや卒業
 制作で製作したシステムの展示など、情報メディア学科ならでは
 の研究成果の発表となりました。

 ゲームクリエイター特訓で制作したゲームの紹介では、ゲーム業
 界の第一線で活躍されているゲーム企画担当者やプログラマー、
 ゲームデザイナーの方々が審査員に。非常に貴重なご意見やアド
 バイスをいただきました。

 辛口な講評も多く、学生たちにとっては試練の場になったようで
 すが、審査員の方々から「失敗できるのは学生時代だけ。どれだ
 け失敗したかで成長していく。大学生時代に『何も失敗しなかっ
 た人』=『何にもチャレンジしなかった人』ということで、現場
 がほしい人材ではない」という言葉をいただき、厳しいながらも
 若者たちへの期待を感じる審査会となりました。

 学生たちのさらなる成長を楽しみにしています。

◆<スーパー管理栄養士への道☆広がる管理栄養士の活躍の場>◆

 今、社会では「科学的センス」を持った管理栄養士の活躍がさま
 ざまな現場で期待されています。

 ☆スポーツの現場では…
 最高のパフォーマンスを食事で支える管理栄養士!
 食材だけでなく、人間の体を深く理解することで、例えば、合宿
 中、試合前日など、状況にあった効果的なメニューをつくること
 ができます。管理栄養士は、スポーツ選手が最高のコンディショ
 ンを実現できるように栄養面でサポートしています。

 ☆食育の現場では…
 食の大切さを知ってもらい地域の人々を元気にする管理栄養士!
 子どもからお年寄りまで、地域の人々に、食や栄養の大切さを伝
 えるのも管理栄養士の大切な仕事です。食についての「なぜ?」
 に答えられるよう、科学に基づいた食の知識を身につけることが
 求められています。

 ★応用バイオ科学部栄養生命科学科(管理栄養士養成課程)
  http://www.kait.jp/ug_gr/undergrad/bio/nutrition/

◆<飛び出しトーク☆ボランティアサークルの団体交流会>====◆

 2月に開催した「第1回ボランティア団体交流会」で発表した各
 団体のボランティア活動の内容を2回に分けてお届けしています。
 今回はその後編。Bio Club ホタルプロジェクト、高齢者健康支
 援サークル、ECO推進チーム“みどり”を紹介します。

 ★メルマガ飛び出しトークはコチラ↓
 http://www.kait.jp/mailmagazine/talk20120405_1.html

◆◇==【編集後記】======================================◇◆

 去年は東日本大震災の影響で、パシフィコ横浜での入学式他、幾
 つものイベントが中止になりました。電力や放射能、余震への不
 安も続きました。だからこそ、今年は、いつもどおりの春を迎え
 ることができたことに幸せを感じています。そして、今も被災地
 では大変な状況が続いていることも忘れずにいたいと思います。
                    ☆メルマガスタッフ☆

◆◇====================================================◇◆
 ★メルマガの感想や質問は企画入学課まで kikaku@kait.jp
 ★神奈川工科大学Web“受験生の皆様”はコチラ↓
            http://www.kait.jp/gwy_stu/
◆◇====================================================◇◆

>>メールマガジン登録フォームはこちら