神奈川工科大学メールマガジン【2010 VOL.12】


◆<KAIT>================================================◇◆
     神奈川工科大学メールマガジン 【2010 VOL.12】
      http://www.kait.jp/     -2011.2.4-
  ☆各種メディアで紹介☆神奈川工科大学の研究&取組み☆
◆◇====================================================◇◆

 寒さが厳しい今年の冬。元気ですか?KAITメルマガ編集部です。
 2月14日バレンタインデーまでの毎日、新正門のシンボルツリー
 に約1万個のLEDイルミネーションを点灯しています。点灯時間は
 16:30~23:00。素敵なイルミネーションは恋愛にも役立つかも!?
 本学ならではのLEDイルミネーションの秘密は編集後記で!

 ☆先輩たちのキャリアストーリー☆
 大学・学部学科選び、大学での学び、そして就職。進路を決める
 3つの場面で先輩たちは何を感じて、どんな行動をとったのか?
 3月に卒業になる先輩たちからのメッセージとアドバイスです。
 http://www.kait.jp/sp/career/2011/

━━*<INDEX>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】サウンドコンテストで第1位受賞☆理工系大学で音楽を制作
【2】不安を解消☆合格者の大学見学会申し込み受付け中
【3】各種メディアで紹介☆神奈川工科大学の研究&取組み
【4】一般B・センターB日程入試情報&スカラシップ情報
【5】飛び出しトーク★ソーラーバイクでどこまで走れるか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆⇒<サウンドコンテストで第1位受賞☆理工系大学で音楽を制作>

 1月22日、大分市オアシス広場21で開催された「第19回 サウンズ
 コンテスト ONTHE COMPUTER」のフリー曲部門で、情報メディア学
 科3年小堺卓哉さんが作曲した「太陽と星と夢の記憶」が第1位
 を受賞しました。

 今回のコンテストには、本学からは5名が予選を突破し本審査に
 進みました。コンテストに参加したメンバー全員は、学科横断型
 で進められている次世代音響音楽システム研究プロジェクトのメ
 ンバーで、サウンド制作塾を受講しています。

 尚、同コンテストで開催された講演会では、特別ゲストとして、
 情報メディア学科黒川真毅准教授が「0円で始めるコンピュータ・
 ミュージック」と題して講演を行いました。

 詳細はコチラ→ http://www.kait.jp/news/189.html

 ★次世代音響音楽システム研究プロジェクト
 すべての学部・学科の学生が参加できるプロジェクトで、コンピ
 ューターでの音作りや音響システムについて学びます。

◆⇒<不安を解消☆合格者の大学見学会申し込み受付中>======◆

 不安や気になることを少しでも解消し、自信をもって本学の入学
 手続を取っていただけるように「大学見学・入学相談プログラム」
 を用意しました。合格した方とそのご家族の大学見学や入学相談
 を下記の期間内に実施いたします。ご希望の日時を企画広報課ま
 でご連絡ください。

 また、入学相談につきましては、電話やFAX・E-mailでも実施し
 ておりますので、どうぞお気軽にご連絡ください。

 実施期間:2月7日(月)~3月12日(土) 実施時間:10:00~17:00
 ※日・祝祭日と2月19日(土)除く
 ※お申し込みは、希望日前日の17:00までにお願いします。

 ■申込・入学相談・問い合せ■
 入試広報部企画広報課 TEL:046-291-3002 FAX:046-291-3003
 E-mail:kikaku@kait.jp

◆⇒<各種メディアで紹介☆神奈川工科大学の研究&取組み>==◆

 さまざまなメディアで紹介されている本学の研究や取組み。その
 一部をご紹介します。

 □携帯で出欠管理/モバイル学生証
 <日経産業新聞「強い大学」/平成22年12月16日掲載>
 本学が2006年に導入した国内初の「モバイル学生証」。携帯電話
 の電子マネーによる認証機能を利用し、リアルタイムで学生の出
 欠席を管理できるシステムが紹介されました。

 □「事故ゼロ」を目指し研究を本格化
 自動車システム開学工学科安部研究室
 <神奈川新聞/平成22年12月22日掲載>
 270度近い視野を確保した「ドライビングシミュレーター」を導
 入。「事故ゼロ」へ向けた研究を本格化している研究室の取組み
 が紹介されました。

 □「スマートフォン」で室内確認・操作/情報工学科田中研究室
 <日刊工業新聞/平成22年12月11日掲載>
 情報工学科の田中博教授が開発した、スマートフォンを用いて、
 自宅などの様子をモニターできるシステム「リモートモニタリン
 グ・コントロールシステム」が紹介されました。

 ★詳細は『広報誌KAIT』161号に掲載されています。
 下記URLよりダウンロードできます。
 http://www.kait.jp/about/newsletter/

◆⇒<一般B・センターB日程入試情報&スカラシップ情報>====◆

 一般B日程入試とセンターB日程入試の出願受付が2月7日(月)
 から開始になります。

 ◆一般B日程入試
 1回の試験で2学科以上出願することが可能な「複数学部・学科
 併願制」を実施します。
 出願期間:2月7日(月)~2月16日(水)<消印有効>
 http://www.kait.jp/admission/university/details/generalB.html

 ◆センターB日程入試
 平成23年度大学入試センター試験利用の入試です。本学独自の試
 験は実施しません。複数の学部学科に出願できます。
 出願期間:2月7日(月)~2月19日(土)<消印有効>
 http://www.kait.jp/admission/university/details/centerB.html

 ◆KAITのスカラシップ制度◆
 ★一般B・センターB日程入試は「自宅外通学生特別給費制度」
 (出願時にエントリー)の対象になっています。大学指定寮の寮
 費相当額[年間65万円]を給費する制度で、学年ごとに所定の成績
 条件を満たしていれば在学中の4年間、給費が受けられます。
 <給費なので返済の必要がありません> 詳細はコチラ↓
 http://www.kait.jp/admission/university/expense.html#scholar

 ☆栄養生命科学科は、独自のスカラシップ制度として「基準点方
 式」を導入しています。基準点の目安は合格者の得点率70%で、
 人数に制限はありません。詳細は下記URLで↓ご確認ください。
 http://www.kait.jp/admission/university/expense.html#nutrition

◆⇒<飛び出しトーク★ソーラーバイクでどこまで走れるか?>◆

 元旦の朝、NHK総合で放送された「初夢か?現実か?2011新春!
 暮らしを大予想」という番組で、ソーラーバイクの走行実験を担
 当した自動車システム開学工学科藤澤研究室。加藤大輝さん(大
 学院機械システム工学専攻2年)に当日の様子やソーラーバイク
 の魅力について伺いました。飛び出しトークでどうぞ↓
 http://www.kait.jp/mailmagazine/talk20110204.html

 ★ソーラーバイクの写真は下記URLから見られます!
 http://www.sd.kanagawa-it.ac.jp/

◆◇==【編集後記】======================================◇◆

 シンボルツリーに装飾されている合計約1万個のLED電球は、キ
 ャンパス内の学生サービス棟壁面に設置してある太陽光発電パネ
 ルで発電した電気を利用しています。つまり環境にものすごく優
 しいイルミネーションなのです。    (メルマガスタッフ)

◆◇====================================================◇◆
 ★メルマガの感想や質問は企画広報課まで kikikaku@kait.jp
 ★神奈川工科大学Web“受験生の皆様”はコチラ↓
            http://www.kait.jp/gwy_stu/
◆◇====================================================◇◆

>>メールマガジン登録フォームはこちら