トップページ >> 入試案内 >> 入試要項&出願関係様式ダウンロード >> センター方式A日程入試

センター方式A日程入試

【複数学部・学科併願可能】

平成30年度大学入試センター試験利用の入試で、本学独自の試験は実施しないため、複数の学部学科に出願することも可能です。合否の判定は出願した学科ごとに行いますので、複数合格した場合は、希望する学科に入学手続きを行ってください。
なお、出願に際しましては、必ず「募集要項」をご確認ください。

募集人員

工学部 機械工学科(グローバルエンジニアコース/クリエイティブエンジニアコース) 21名
機械工学科(航空宇宙学専攻) 6名
電気電子情報工学科 13名
応用化学科 10名
臨床工学科 4名
学部計 54名
創造工学部 自動車システム開発工学科 8名
ロボット・メカトロニクス学科 7名
ホームエレクトロニクス開発学科 4名
学部計 19名
応用バイオ科学部 応用バイオ科学科 30名
栄養生命科学科 20名
学部計 50名
情報学部 情報工学科 27名
情報ネットワーク・コミュニケーション学科 12名
情報メディア学科 33名
学部計 72名
看護学部 看護学科 20名
学部計 20名
合計 215名

募集要項ダウンロード


10月公開予定

出願の要件

下記のいずれかに該当する者。

  1. (1) 高等学校若しくは中等教育学校の後期課程を卒業した者及び平成30年3月卒業見込の者。
  2. (2) 通常の課程による12年の学校教育を修了した者及び平成30年3月修了見込の者。
  3. (3) 学校教育法施行規則(昭和22年文部省令第11号)第150条の規定により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者及び平成30年3月31日までにこれに該当する見込の者。
    1. 1.外国において学校教育における12年の課程を修了した者及び平成30年3月31日までに修了見込の者、またはこれらに準ずる者で文部科学大臣の指定した者。
    2. 2.文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程、または相当する課程を有するものとして認定、または指定した在外教育施設の当該課程を修了した者、または平成30年3月31日までに修了見込の者。
    3. 3.専修学校の高等課程(修業年限が3年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者、または平成30年3月31日までに修了見込の者。
    4. 4.文部科学大臣の指定した者。
    5. 5.高等学校卒業程度認定試験規則による高等学校卒業程度認定試験に合格した者(旧規程による大学入学資格検定に合格した者を含む。)、または平成30年3月31日までに合格見込の者で、平成30年3月31日までに18歳に達する者。
    6. 6.学校教育法第90条第2項の規定により大学に入学した者であって当該者をその後に入学させる大学において、大学における教育を受けるにふさわしい学力があると認めた者で平成30年3月31日までに18歳に達する者。
    7. 7.本学において、個別の入学資格審査により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、18歳に達した者、または平成30年3月31日までに18歳に達する者。

入試日程

項目 日程 備考
インターネット出願登録期間 H30/1/4(木)〜1/30(火)17:00まで 検定料振込
出願書類提出期間 H30/1/4(木)〜1/30(火)<消印有効> 郵送のみ受付
試験日 平成30年度大学入試センター試験のみで本学独自の試験は実施しない。
合格発表日 H30/2/8(木)
入学手続き締切日 【1次手続き】
H30/2/19(月)<消印有効>
【2次手続き】
H30/3/14(水)<消印有効>

*入学辞退(入学金を除く手続時納入金返還)締切日
H30/3/29(木)<消印有効>

※(土)(日)祝日、12/28(木)〜1/5(金)は休業です。

検定料割引制度

●検定料:15,000円
1回の出願で複数学科に出願すると、2学科目からの検定料は不要になる制度です。

【スカラシップ制度】 4年間の利用が可能※1

◆スーパーサイエンス特別専攻スカラシップ
対象者に600,000円を4年間給費する制度です。
【対象学科】
・電気電子特別専攻:電気電子情報工学科、ホームエレクトロニクス開発学科
・医生命科学特別専攻:応用化学科、応用バイオ科学科
・ICTスペシャリスト特別専攻:情報工学科、情報ネットワーク・コミュニケーション学科、情報メディア学科
・次世代自動車開発特別専攻:自動車システム開発工学科
・ロボットクリエータ特別専攻:ロボット・メカトロニクス学科
・機械工学特別専攻:機械工学科

◆授業料給費スカラシップ制度
対象者に400,000円を4年間給費する制度です。
【対象学科】
機械工学科(航空宇宙学専攻)、臨床工学科、栄養生命科学科、看護学科

※1 学年ごとの所定の成績基準を満たす必要があります。
給費条件の詳細については、募集要項で確認してください。

優秀者入学手続制度

入試成績高得点者は、入学金を延納して1次手続をとることができます。詳細については、募集要項で確認してください。

選考方法

学部名 学科名 選考方法
工学部 機械工学科 (グローバルエンジニアコース/クリエイティブエンジニアコース) 平成30年度大学入試センター試験の数学、外国語、理科、国語から3科目の総合点により選考。2教科4科目以上受験している場合は、高得点の3科目を使用。
航空宇宙学専攻 平成30年度大学入試センター試験の数学、外国語、理科の3教科3科目の総合点により選考。数学・理科で2科目以上受験している場合は、高得点の1科目を使用。
電気電子情報工学科 平成30年度大学入試センター試験の数学、外国語、理科、国語から3科目の総合点により選考。2教科4科目以上受験している場合は、高得点の3科目を使用。
応用化学科
臨床工学科 平成30年度大学入試センター試験の外国語または国語、数学、理科の3教科3科目の総合点により選考。外国語と国語の両方を受験した場合は、高得点の教科を使用。数学・理科で2科目以上受験している場合は、高得点の1科目を使用。
創造工学部 自動車システム開発工学科 平成30年度大学入試センター試験の数学、外国語、理科、国語から3科目の総合点により選考。2教科4科目以上受験している場合は、高得点の3科目を使用。
ロボット・メカトロニクス学科
ホームエレクトロニクス開発学科
応用バイオ
科学部
応用バイオ科学科
栄養生命科学科 平成30年度大学入試センター試験の数学または国語、外国語、理科の3教科3科目の総合点により選考。数学と国語の両方を受験した場合は、高得点の教科を使用。数学・理科で2科目以上受験している場合は、高得点の1科目を使用。
情報学部 情報工学科 平成30年度大学入試センター試験の数学、外国語、理科、国語から2教科2科目の総合点により選考。2教科3科目以上受験している場合は高得点の2教科2科目を使用。
情報ネットワーク・コミュニケーション学科
情報メディア学科
看護学部 看護学科 平成30年度大学入試センター試験の数学、理科、国語から2教科2科目および外国語の合計3教科3科目の総合点により選考。数学、理科、国語の3教科を受験した場合は、高得点の2教科を使用。数学・理科で2科目以上受験している場合は、高得点の1科目を使用。

入試教科・科目、試験時間・配点、解答形式

教科 科目 配点
数学 「数学T」、『数学T・数学A』、「数学U」、『数学U・数学B』
100点
外国語 『英語』(200点満点を100点満点に換算)または『英語』+リスニング(250点満点を100点に換算)で得点の高い方を使用する。 100点
理科 「物理」、「化学基礎」、「化学」、「生物基礎」、「生物」、「地学」
*応用バイオ科学部栄養生命科学科は「物理」、「化学」、「生物」のみ。
*看護学部看護学科は「化学基礎」、「化学」、「生物基礎」、「生物」とし、「化学基礎」と「生物基礎」は2科目の合計点を1科目の得点とする。
*「化学基礎」と「生物基礎」は看護学部看護学科のみ入試教科とする。
100点
国語 『国語』(近代以降の文章)
*工学部機械工学科(航空宇宙学専攻)は入試教科としない。
100点

『 』内記載のものは、二つの科目を総合したもの又は二つ以上の科目に共通する内容を盛り込んだ出題科目。

PAGE TOP