トップページ >> 入試案内 >> アドミッション・ポリシー

アドミッション・ポリシー

大学のアドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)


本学は、教育目的に定める人材を育成するために、高等学校等までの学習や課外活動等を通じ、入学後の各学科の学びに必要な基礎学力、自ら考えて判断して表現する力、主体性を持って多様な人々と協働して課題を解決する力を持ち、大学における学修を通じて職業人として社会に貢献しようとする意欲を持った人を求めます。 そのため、入学者の選抜にあたっては、これらの要素を持つ受験生の個性や多様性に鑑み、多彩な選抜方法により選抜を行います。

各学科の求める人材像

工学部 機械工学科

【求める人材像】
機械工学科では、本学の「アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)」に該当する人材のうち、次に該当する人、または該当しようとする人を幅広く求めます。そのためにAO入試、推薦入試、一般入試およびセンター方式入試により多様な人材を選抜します。
(1)科学技術や機械の設計、開発に関する学びに明確な意欲を有している人。
(2)学科のカリキュラムを学ぶために必要な、数学、理科、英語、国語(現代文)の基礎学力を有している人、または入学前教育と初年次教育を通じてこれらの基礎学力を修得しようとする意志を持った人。
(3)航空宇宙学専攻においては、上記(1) (2)に加えその教育に必要な英語力を有している人。

【選抜試験の趣旨と重視するポイント】
機械工学科の求める人材像を満たす人材を選抜するため、「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体性・多様性・協働性」その他の要素を次のように評価します。
■AO入試
科学技術または自然科学に関連する分野における何らかの活動実績がある人、または成果を得た経験を有する人、もしくは当該分野に関する強い探究意欲がある人について、調査書、志望理由書、その他の提出書類、実験・実習課題、レポート、面接、プレゼンテーションなどにより多面的に評価するため、複数の選考方式を実施します。なお、評価に際しては各要素をAO入試の各方式で定めた一定の割合で評価して選抜します。
■推薦入試
科学技術または自然科学に関連する分野に関する探究意欲がある人について、調査書等、推薦書その他の提出書類、面接、適性検査で評価します。なお、評価に際しては各要素を推薦入試の各方式で定めた一定割合で評価して選抜します。
■一般、センター方式入試
科学技術または自然科学に関連する分野に関する学びに意欲がある人について、学力検査で評価して選抜します。

工学部 電気電子情報工学科

【求める人材像】
電気電子情報工学科では、本学の「アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)」に該当する人材のうち、次に該当する人、または該当しようとする人を幅広く求めます。そのためにAO入試、推薦入試、一般入試およびセンター方式入試により多様な人材を選抜します。
(1)ものづくり、マイコン、環境・クリーンエネルギー、情報通信技術、半導体・ナノテクノロジー・光エレクトロニクス等の電気電子情報分野に関する学びに明確な意欲を有している人。
(2)学科のカリキュラムを学ぶために必要な、数学、理科、英語、国語(現代文)の基礎学力を有している人、または入学前教育と初年次教育を通じてこれらの基礎学力を修得しようとする意志を持った人。

【選抜試験の趣旨と重視するポイント】
電気電子情報工学科の求める人材像を満たす人材を選抜するため、「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体性・多様性・協働性」その他の要素を次のように評価します。
■AO入試
ものづくり、マイコン、環境・クリーンエネルギー、情報通信技術、半導体・ナノテクノロジー・光エレクトロニクス等の電気電子情報分野における何らかの活動実績がある人、または成果を得た経験を有する人、もしくは当該分野に関する強い探究意欲がある人について、調査書、志望理由書、その他の提出書類、実験・実習課題、レポート、面接、プレゼンテーションなどにより多面的に評価するため、複数の選考方式を実施します。なお、評価に際しては各要素をAO入試の各方式で定めた一定の割合で評価して選抜します。
■推薦入試
ものづくり、マイコン、環境・クリーンエネルギー、情報通信技術、半導体・ナノテクノロジー・光エレクトロニクス等の電気電子情報分野に関する探究意欲がある人について、調査書等、推薦書その他の提出書類、面接、適性検査で評価します。なお、評価に際しては各要素を推薦入試の各方式で定めた一定割合で評価して選抜します。
■一般、センター方式入試
ものづくり、マイコン、環境・クリーンエネルギー、情報通信技術、半導体・ナノテクノロジー・光エレクトロニクス等の電気電子情報分野に関する学びに意欲がある人について、学力検査で評価して選抜します。

工学部 応用化学科

【求める人材像】
応用化学科では、本学の「アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)」に該当する人材のうち、次に該当する人、または該当しようとする人を幅広く求めます。そのためにAO入試、推薦入試、一般入試およびセンター方式入試により多様な人材を選抜します。
(1)化学の実験や科学技術、自然科学に関連する分野に関する学びに明確な意欲を有している人。
(2)学科のカリキュラムを学ぶために必要な、数学、理科、英語、国語(現代文)の基礎学力を有している人、または入学前教育と初年次教育を通じてこれらの基礎学力を修得しようとする意志を持った人。

【選抜試験の趣旨と重視するポイント】
応用化学科の求める人材像を満たす人材を選抜するため、「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体性・多様性・協働性」その他の要素を次のように評価します。
■AO入試
化学の実験や科学技術、自然科学に関連する分野における何らかの活動実績がある人、または成果を得た経験を有する人、もしくは当該分野に関する強い探究意欲がある人について、調査書、志望理由書、その他の提出書類、実験・実習課題、レポート、面接、プレゼンテーションなどにより多面的に評価するため、複数の選考方式を実施します。なお、評価に際しては各要素をAO入試の各方式で定めた一定の割合で評価して選抜します。
■推薦入試
化学の実験や科学技術、自然科学に関連する分野に関する探究意欲がある人について、調査書等、推薦書その他の提出書類、面接、適性検査で評価します。なお、評価に際しては各要素を推薦入試の各方式で定めた一定割合で評価して選抜します。
■一般、センター方式入試
化学の実験や科学技術、自然科学に関連する分野の学びに意欲がある人について、学力検査で評価して選抜します。

工学部 臨床工学科

【求める人材像】
臨床工学科では、本学の「アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)」に該当する人材のうち、次に該当する人、または該当しようとする人を幅広く求めます。そのためにAO入試、推薦入試、一般入試およびセンター方式入試により多様な人材を選抜します。
(1)臨床工学技士に必要な工学と医療に関連する分野に関する学びに明確な意欲を有している人。
(2)学科のカリキュラムを学ぶために必要な、数学、理科、英語、国語(現代文)の基礎学力を有している人、または入学前教育と初年次教育を通じてこれらの基礎学力を修得しようとする意志を持った人。

【選抜試験の趣旨と重視するポイント】
臨床工学科の求める人材像を満たす人材を選抜するため、「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体性・多様性・協働性」その他の要素を次のように評価します。
■AO入試
臨床工学技士に必要な工学と医療に関連する分野に関する強い探究意欲がある人について、調査書、志望理由書、その他の提出書類、実験・実習課題、レポート、面接、口頭試問、プレゼンテーション、グループ討論などにより多面的に評価するため、複数の選考方式を実施します。なお、評価に際しては各要素をAO入試の各方式で定めた一定の割合で評価して選抜します。
■推薦入試
臨床工学技士に必要な工学と医療に関連する分野に関する探究意欲がある人について、調査書等、推薦書その他の提出書類、面接、口頭試問、「適性検査で評価します。なお、評価に際しては各要素を推薦入試の各方式で定めた一定割合で評価して選抜します。
■一般、センター方式入試
臨床工学技士に必要な工学と医療に関連する分野の学びに意欲がある人について、学力検査で評価して選抜します。

創造工学部 自動車システム開発工学科

【求める人材像】
自動車システム開発工学科では、本学の「アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)」に該当する人材のうち、次に該当する人、または該当しようとする人を幅広く求めます。そのためにAO入試、推薦入試、一般入試およびセンター方式入試により多様な人材を選抜します。
(1)次世代自動車の研究開発やその関連分野に関する学びに明確な意欲を有している人。
(2)学科のカリキュラムを学ぶために必要な、数学、理科、英語、国語(現代文)の基礎学力を有している人、または入学前教育と初年次教育を通じてこれらの基礎学力を修得しようとする意志を持った人。

【選抜試験の趣旨と重視するポイント】
自動車システム開発工学科の求める人材像を満たす人材を選抜するため、「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体性・多様性・協働性」その他の要素を次のように評価します。
■AO入試
次世代自動車の研究開発やその関連分野における何らかの活動実績がある人、または成果を得た経験を有する人、もしくは当該分野に関する強い探究意欲がある人について、調査書、志望理由書、その他の提出書類、実験・実習課題、レポート、面接、プレゼンテーションなどにより多面的に評価するため、複数の選考方式を実施します。なお、評価に際しては各要素をAO入試の各方式で定めた一定の割合で評価して選抜します。
■推薦入試
次世代自動車の研究開発やその関連分野に関する探究意欲がある人について、調査書等、推薦書その他の提出書類、面接、適性検査で評価します。なお、評価に際しては各要素を推薦入試の各方式で定めた一定割合で評価して選抜します。
■一般、センター方式入試
次世代自動車の研究開発やその関連分野の学びに意欲がある人について、学力検査で評価して選抜します。

創造工学部 ロボット・メカトロニクス学科

【求める人材像】
ロボット・メカトロニクス学科では、本学の「アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)」に該当する人材のうち、次に該当する人、または該当しようとする人を幅広く求めます。そのためにAO入試、推薦入試、一般入試およびセンター方式入試により多様な人材を選抜します。
(1)ロボットやメカトロニクスに関心があり、「ものづくり」の分野に関する学びに明確な意欲を有している人。
(2))学科のカリキュラムを学ぶために必要な、数学、理科、英語、国語(現代文)の基礎学力を有している人、または入学前教育と初年次教育を通じてこれらの基礎学力を修得しようとする意志を持った人。

【選抜試験の趣旨と重視するポイント】
ロボット・メカトロニクス学科の求める人材像を満たす人材を選抜するため、「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体性・多様性・協働性」その他の要素を次のように評価します。
■AO入試
ロボット・メカトロニクス技術分野全般における何らかの活動実績がある人、または成果を得た経験を有する人、もしくはロボット・メカトロニクス技術分野全般に関する強い探究意欲がある人について、調査書、志望理由書、その他の提出書類、実験・実習課題、レポート、面接、プレゼンテーションなどにより多面的に評価するため、複数の選考方式を実施します。なお、評価に際しては各要素をAO入試の各方式で定めた一定の割合で評価して選抜します。
■推薦入試
ロボット・メカトロニクス技術分野全般に関する探究意欲がある人について、調査書等、推薦書その他の提出書類、面接、適性検査で評価します。なお、評価に際しては各要素を推薦入試の各方式で定めた一定割合で評価して選抜します。
■一般、センター方式入試
ロボット・メカトロニクス技術分野全般に関する学びに意欲がある人について、学力検査で評価して選抜します。

創造工学部 ホームエレクトロニクス開発学科

【求める人材像】
ホームエレクトロニクス開発学科では、本学の「アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)」に該当する人材のうち、次に該当する人、または該当しようとする人を幅広く求めます。そのためにAO入試、推薦入試、一般入試およびセンター方式入試により多様な人材を選抜します。
(1)スマートハウスを中心とした先端エネルギー制御技術・いやしと安らぎの空間を実現する未来家電技術など、くらしの中で人を支えるエレクトロニクス技術に関連する分野に関する学びに明確な意欲を有している人。
(2))学科のカリキュラムを学ぶために必要な、数学、理科、英語、国語(現代文)の基礎学力を有している人、または入学前教育と初年次教育を通じてこれらの基礎学力を修得しようとする意志を持った人。

【選抜試験の趣旨と重視するポイント】
ホームエレクトロニクス開発学科の求める人材像を満たす人材を選抜するため、「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体性・多様性・協働性」その他の要素を次のように評価します。
■AO入試
スマートハウスを中心とした先端エネルギー制御技術・いやしと安らぎの空間を実現する未来家電技術など、くらしの中で人を支えるエレクトロニクス技術に関連する分野における何らかの活動実績がある人、または成果を得た経験を有する人、もしくは当該分野に関する強い探究意欲がある人について、調査書、志望理由書、その他の提出書類、実験・実習課題、レポート、面接、プレゼンテーションなどにより多面的に評価するため、複数の選考方式を実施します。なお、評価に際しては各要素をAO入試の各方式で定めた一定の割合で評価して選抜します。
■推薦入試
スマートハウスを中心とした先端エネルギー制御技術・いやしと安らぎの空間を実現する未来家電技術など、くらしの中で人を支えるエレクトロニクス技術に関連する分野に関する探究意欲がある人について、調査書等、推薦書その他の提出書類、面接、適性検査で評価します。なお、評価に際しては各要素を推薦入試の各方式で定めた一定割合で評価して選抜します。
■一般、センター方式入試
スマートハウスを中心とした先端エネルギー制御技術・いやしと安らぎの空間を実現する未来家電技術など、くらしの中で人を支えるエレクトロニクス技術に関連する分野に関する学びに意欲がある人について、学力検査で評価して選抜します。

応用バイオ科学部 応用バイオ科学科

【求める人材像】
応用バイオ科学科では、本学の「アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)」に該当する人材のうち、次に該当する人、または該当しようとする人を幅広く求めます。そのためにAO入試、推薦入試、一般入試およびセンター方式入試により多様な人材を選抜します。
(1)科学技術や自然科学、とくにバイオ科学とバイオ技術に関する学びに明確な意欲を有している人。
(2)学科のカリキュラムを学ぶために必要な、数学、理科、英語、国語(現代文)の基礎学力を有している人、または入学前教育と初年次教育を通じてこれらの基礎学力を修得しようとする意志を持った人。

【選抜試験の趣旨と重視するポイント】
応用バイオ科学科の求める人材像を満たす人材を選抜するため、「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体性・多様性・協働性」その他の要素を次のように評価します。
■AO入試
科学技術や自然科学、とくにバイオ科学とバイオ技術に関する分野における活動実績がある人、または成果を得た経験を有する人、もしくは当該分野に関する強い探究意欲がある人について、調査書、志望理由書、その他の提出書類、実験・実習課題、レポート、面接、プレゼンテーションなどにより多面的に評価するため、複数の選考方式を実施します。なお、評価に際しては各要素をAO入試の各方式で定めた一定の割合で評価して選抜します。
■推薦入試
科学技術や自然科学、とくにバイオ科学とバイオ技術に関する分野に探究意欲がある人について、調査書等、推薦書その他の提出書類、面接、適性検査で評価します。なお、評価に際しては各要素を推薦入試の各方式で定めた一定割合で評価して選抜します。
■一般、センター方式入試
科学技術や自然科学、とくにバイオ科学とバイオ技術に関する学びに意欲がある人について、学力検査で評価して選抜します。

応用バイオ科学部 栄養生命科学科

【求める人材像】
栄養生命科学科では、本学の「アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)」に該当する人材のうち、次に該当する人、または該当しようとする人を幅広く求めます。そのためにAO入試、推薦入試、一般入試およびセンター方式入試により多様な人材を選抜します。
(1)食品学・栄養学・健康科学分野に関する学びに明確な意欲を有している人。
(2)管理栄養士等の養成課程として、卒業後に専門資格保有者(管理栄養士、栄養士、栄養教諭、食品衛生監視員、食品衛生管理者)として各資格者に求められている社会の要求に応えようとする強い意識を有している人。
(3)学科のカリキュラムを学ぶために必要な、数学、理科、英語、国語(現代文)の基礎学力を有している人、または入学前教育と初年次教育を通じてこれらの基礎学力を修得しようとする意志を持った人。

【選抜試験の趣旨と重視するポイント】
栄養生命科学科の求める人材像を満たす人材を選抜するため、「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体性・多様性・協働性」その他の要素を次のように評価します。
■AO入試
管理栄養士並びに食品衛生管理者、食品衛生監視員、栄養教諭に必要な食品学・栄養学・健康科学に関する強い探究意欲がある人について、調査書、志望理由書、その他の提出書類、実験・実習課題、レポート、面接、プレゼンテーションなどにより多面的に評価するため、複数の選考方式を実施します。なお、評価に際しては各要素をAO入試の各方式で定めた一定の割合で評価して選抜します。
■推薦入試
管理栄養士並びに食品衛生管理者、食品衛生監視員、栄養教諭に必要な食品学・栄養学・健康科学に関する探究意欲がある人について、調査書等、推薦書その他の提出書類、面接、適性検査で評価します。なお、評価に際しては各要素を推薦入試の各方式で定めた一定割合で評価して選抜します。
■一般、センター方式入試
管理栄養士並びに食品衛生管理者、食品衛生監視員、栄養教諭に必要な食品学・栄養学・健康科学に関する学びに意欲がある人について、学力検査で評価して選抜します。

情報学部 情報工学科

【求める人材像】
情報工学科では、本学の「アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)」に該当する人材のうち、次に該当する人、または該当しようとする人を幅広く求めます。そのためにAO入試、推薦入試、一般入試およびセンター方式入試により多様な人材を選抜します。
(1)情報技術やその関連分野に関する学びに明確な意欲を有している人。
(2)学科のカリキュラムを学ぶために必要な、数学、理科、英語、国語(現代文)の基礎学力を有している人、または入学前教育と初年次教育を通じてこれらの基礎学力を修得しようとする意志を持った人。

【選抜試験の趣旨と重視するポイント】
情報工学科の求める人材像を満たす人材を選抜するため、「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体性・多様性・協働性」その他の要素を次のように評価します。
■AO入試
情報技術やその関連分野における何らかの活動実績がある人、または成果を得た経験を有する人、もしくは当該分野に関する強い探究意欲がある人について、調査書、志望理由書、その他の提出書類、実験・実習課題、レポート、面接、プレゼンテーションなどにより多面的に評価するため、複数の選考方式を実施します。なお、評価に際しては各要素をAO入試の各方式で定めた一定の割合で評価して選抜します。
■推薦入試
情報技術やその関連分野に関する探究意欲がある人について、調査書等、推薦書その他の提出書類、面接、適性検査で評価します。なお、評価に際しては各要素を推薦入試の各方式で定めた一定割合で評価して選抜します。
■一般、センター方式入試
情報技術やその関連分野に関する学びに意欲がある人について、学力検査で評価して選抜します。

情報学部 情報ネットワーク・コミュニケーション学科

【求める人材像】
情報ネットワーク・コミュニケーション学科では、本学の「アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)」に該当する人材のうち、次に該当する人、または該当しようとする人を幅広く求めます。そのためにAO入試、推薦入試、一般入試およびセンター方式入試により多様な人材を選抜します。
(1)ネットワーク通信技術、セキュリティ技術、ネットワーク応用技術分野に関する学びに明確な意欲を有している人。
(2)学科のカリキュラムを学ぶために必要な、数学、理科、英語、国語(現代文)の基礎学力を有している人、または入学前教育と初年次教育を通じてこれらの基礎学力を修得しようとする意志を持った人。

【選抜試験の趣旨と重視するポイント】
情報ネットワーク・コミュニケーション学科の求める人材像を満たす人材を選抜するため、「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体性・多様性・協働性」その他の要素を次のように評価します。
■AO入試
ネットワーク通信技術、セキュリティ技術、ネットワーク応用技術分野における何らかの活動実績がある人、または成果を得た経験を有する人、もしくは当該分野に関する強い探究意欲がある人について、調査書、志望理由書、その他の提出書類、実験・実習課題、レポート、面接、プレゼンテーションなどにより多面的に評価するため、複数の選考方式を実施します。なお、評価に際しては各要素をAO入試の各方式で定めた一定の割合で評価して選抜します。
■推薦入試
ネットワーク通信技術、セキュリティ技術、ネットワーク応用技術分野に関する探究意欲がある人について、調査書等、推薦書その他の提出書類、面接、適性検査で評価します。なお、評価に際しては各要素を推薦入試の各方式で定めた一定割合で評価して選抜します。
■一般、センター方式入試
ネットワーク通信技術、セキュリティ技術、ネットワーク応用技術分野に関する学びに意欲がある人について、学力検査で評価して選抜します。

情報学部 情報メディア学科

【求める人材像】
情報メディア学科では、本学の「アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)」に該当する人材のうち、次に該当する人、または該当しようとする人を幅広く求めます。そのためにAO入試、推薦入試、一般入試およびセンター方式入試により多様な人材を選抜します。
(1)メディア関連技術やコンテンツ制作の分野に関する学びに明確な意欲を有している人。
(2)学科のカリキュラムを学ぶために必要な、数学、理科、英語、国語(現代文)の基礎学力を有している人、または入学前教育と初年次教育を通じてこれらの基礎学力を修得しようとする意志を持った人。

【選抜試験の趣旨と重視するポイント】
情報メディア学科の求める人材像を満たす人材を選抜するため、「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体性・多様性・協働性」その他の要素を次のように評価します。
■AO入試
メディア関連技術やコンテンツ制作の分野における何らかの活動実績がある人、または成果を得た経験を有する人、もしくは当該分野に関する強い探究意欲がある人について、調査書、志望理由書、その他の提出書類、実験・実習課題、レポート、面接、プレゼンテーションなどにより多面的に評価するため、複数の選考方式を実施します。なお、評価に際しては各要素をAO入試の各方式で定めた一定の割合で評価して選抜します。
■推薦入試
メディア関連技術やコンテンツ制作の分野に関する探究意欲がある人について、調査書等、推薦書その他の提出書類、面接、適性検査で評価します。なお、評価に際しては各要素を推薦入試の各方式で定めた一定割合で評価して選抜します。
■一般、センター方式入試
メディア関連技術やコンテンツ制作の分野に関する学びに意欲がある人について、学力検査で評価して選抜します。

看護学部 看護学科

【求める人材像】
看護学科では、本学の「アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)」に該当する人材のうち、次に該当する人、または該当しようとする人を幅広く求めます。そのためにAO入試、推薦入試、一般入試およびセンター方式入試により多様な人材を選抜します。
(1)看護学分野に関する学びに明確な意欲を有している人。
(2)学科のカリキュラムを学ぶために必要な、数学、理科、英語、国語(現代文)の基礎学力を有している人、または入学前教育と初年次教育を通じてこれらの基礎学力を修得しようとする意志を持った人。

【選抜試験の趣旨と重視するポイント】
看護学科の求める人材像を満たす人材を選抜するため、「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体性・多様性・協働性」その他の要素を次のように評価します。
■AO入試
看護学分野に関する強い探究意欲がある人について、調査書、志望理由書、その他の提出書類、実験・実習課題、レポート、面接、プレゼンテーションなどにより多面的に評価するため、複数の選考方式を実施します。なお、評価に際しては各要素をAO入試の各方式で定めた一定の割合で評価して選抜します。
■推薦入試
看護学分野に関する探究意欲がある人について、調査書等、推薦書その他の提出書類、面接、適性検査で評価します。なお、評価に際しては各要素を推薦入試の各方式で定めた一定割合で評価して選抜します。
■一般、センター方式入試
看護学分野に関する学びに意欲がある人について、学力検査と志望理由書で評価して選抜します。

PAGE TOP