トップページ >> 入試案内 >> アドミッション・ポリシー

アドミッション・ポリシー

各学科のアドミッション・ポリシー

工学部 機械工学科

【求める学生像】
機械工学科では、科学技術や機械の設計、開発などに興味がある人材を幅広く求めています。したがって、多面的で多彩な評価を可能にするため各種選抜方法を実施しています。

【選抜試験の趣旨と重視するポイント】
求める学生像に沿った多彩な人材を選抜するために個性と得意分野を活かして受験できるよう複数の入試制度を設けて選抜を行います。

  1. 1.AO入試では、学業成績だけでは評価が困難な能力(コミュニケーション能力、独創性等)を評価するため受験者個々の実績や適性および面接等を通してそれぞれの入試方式における選抜方針に基づいた評価内容により受け入れます。
  2. 2.推薦入試では、それぞれの入試方式における選抜方針に基づいた評価項目(評定値、資格取得、適性検査等)や面接の結果を評価し受け入れます。
  3. 3.一般入試とセンター方式入試では、高等学校における数学、理科、英語、国語をはじめとする幅広い分野に関する基礎学力を評価し受け入れます。

工学部 電気電子情報工学科

【求める学生像】
電気電子情報工学科では、ものつくり、マイコン、環境・クリーンエネルギー、情報通信技術、半導体・ナノテクノロジー・光エレクトロニクス等の分野に興味を持つ人材を幅広く求めています。したがって、多面的で多彩な評価を可能にするため各種選抜方法を実施しています。

【選抜試験の趣旨と重視するポイント】
求める学生像に沿った多彩な人材を選抜するために個性と得意分野を活かして受験できるよう複数の入試制度を設けて選抜を行います。

  1. 1.AO入試では、学業成績だけでは評価が困難な能力(コミュニケーション能力、独創性等)を評価するため受験者個々の実績や適性および面接等を通してそれぞれの入試方式における選抜方針に基づいた評価内容により受け入れます。
  2. 2.推薦入試では、それぞれの入試方式における選抜方針に基づいた評価項目(評定値、資格取得、適性検査等)や面接の結果を評価し受け入れます。
  3. 3.一般入試とセンター方式入試では、高等学校における数学、理科、英語、国語をはじめとする幅広い分野に関する一定以上の基礎学力を有している人を評価し習熟度の高い受験者を受け入れます。

工学部 応用化学科

【求める学生像】
応用化学科では、本学科で学んでいくために必要な、化学の実験や科学技術、自然科学に関連する分野に強い興味を持つ人材を幅広く求めています。したがって、多面的で多彩な評価を可能にするため各種選抜方法を実施しています。

【選抜試験の趣旨と重視するポイント】
求める学生像に沿った多彩な人材を選抜するために個性と得意分野を活かして受験できるよう複数の入試制度を設けて選抜を行います。

  1. 1.AO入試では、学業成績だけでは評価が困難な能力(コミュニケーション能力、独創性等)を評価するため受験者個々の実績や適性および面接等を通してそれぞれの入試方式における選抜方針に基づいた評価内容により受け入れます。
  2. 2.推薦入試では、それぞれの入試方式における選抜方針に基づいた評価項目(評定値、資格取得、適性検査等)や面接の結果を評価し受け入れます。
  3. 3.一般入試とセンター方式入試では、自然科学をはじめとする幅広い分野に関する基礎学力を有している人を評価し習熟度の高い受験者を受け入れます。

工学部 臨床工学科

【求める学生像】
臨床工学科では、本学科の教育目的に沿った人材を育成するために工学と医療の両方にい学習意欲と興味を持ち、臨床工学技士として社会に貢献できる人材を幅広く求めています。医療従事者になるための素養を多面的に評価するため各種選抜方法を実施しています。

【選抜試験の趣旨と重視するポイント】
求める学生像に沿った多彩な人材を選抜するために個性と得意分野を活かして受験できるよう複数の入試制度を設けて選抜を行います。

  1. 1.AO入試では、学業成績だけでは評価が困難な能力(コミュニケーション能力、思考力、独創性等)を評価するため受験者個々の適性および面接等を通してそれぞれの入試方式における選抜方針に基づいた評価内容により受け入れます。
  2. 2.推薦入試では、それぞれの入試方式における選抜方針に基づいた評価項目(評定値、資格取得、適性検査等)や面接の結果を評価し受け入れます。
  3. 3.一般入試とセンター方式入試では、高等学校における数学、理科、英語、国語をはじめとする幅広い分野に関する基礎学力を有している人を評価し習熟度の高い受験者を受け入れます。

創造工学部 自動車システム開発工学科

【求める学生像】
自動車システム開発工学科では、次世代自動車の研究開発やその関連分野に関心を持ちそれらの分野で活躍することを目指している人材を幅広く求めています。したがって、多面的で多彩な評価を可能にするため各種選抜方法を実施しています。

【選抜試験の趣旨と重視するポイント】
求める学生像に沿った多彩な人材を選抜するために個性と得意分野を活かして受験できるよう複数の入試制度を設けて選抜を行います。

  1. 1.AO入試では、学業成績だけでは評価が困難な能力(コミュニケーション能力、独創性等)を評価するため受験者個々の実績や適性および面接等を通してそれぞれの入試方式における選抜方針に基づいた評価内容により受け入れます。
  2. 2.推薦入試では、それぞれの入試方式における選抜方針に基づいた評価項目(評定値、資格取得、適性検査等)や面接の結果を評価し受け入れます。
  3. 3.一般入試とセンター方式入試では、高等学校における数学、理科、英語、国語をはじめとする幅広い分野に関する基礎学力を有している人を評価し習熟度の高い受験者を受け入れます。

創造工学部 ロボット・メカトロニクス学科

【求める学生像】
ロボット・メカトロニクス学科では、ロボットやメカトロニクスに関心があり,「ものつくり」の関連分野で将来活躍したいと考えている人材を幅広く求めています。したがって、多面的で多彩な評価を可能にするため各種選抜方法を実施しています。

【選抜試験の趣旨と重視するポイント】
求める学生像に沿った多彩な人材を選抜するために個性と得意分野を活かして受験できるよう複数の入試制度を設けて選抜を行います。

  1. 1.AO入試では、学業成績だけでは評価が困難な能力(コミュニケーション能力、独創性等)を評価するため受験者個々の実績や適性および面接等を通してそれぞれの入試方式における選抜方針に基づいた評価内容により受け入れます。
  2. 2.推薦入試では、それぞれの入試方式における選抜方針に基づいた評価項目(評定値、資格取得、適性検査等)や面接の結果を評価し受け入れます。
  3. 3.一般入試とセンター方式入試では、高等学校における数学、理科、英語、国語をはじめとする幅広い分野に関する基礎学力を有している人を評価し習熟度の高い受験者を受け入れます。

創造工学部 ホームエレクトロニクス開発学科

【求める学生像】
ホームエレクトロニクス開発学科では、スマートハウスを中心とした先端エネルギー制御技術・いやしと安らぎの空間を実現する未来家電技術など、くらしの中で人を支えるエレクトロニクス技術に関心を持ち、関連分野で将来活躍を目指す人材を幅広く求めています。したがって、多面的で多彩な評価を可能にするため各種選抜方法を実施しています。

【選抜試験の趣旨と重視するポイント】
求める学生像に沿った多彩な人材を選抜するために個性と得意分野を活かして受験できるよう複数の入試制度を設けて選抜を行います。

  1. 1.AO入試では、学業成績だけでは評価が困難な能力(コミュニケーション能力、独創性等)を評価するため受験者個々の実績や適性および面接等を通してそれぞれの入試方式における選抜方針に基づいた評価内容により受け入れます。
  2. 2.推薦入試では、それぞれの入試方式における選抜方針に基づいた評価項目(評定値、資格取得、適性検査等)や面接の結果を評価し受け入れます。
  3. 3.一般入試とセンター方式入試では、高等学校における理数系科目をはじめとして英語、国語などの幅広い分野に関する基礎学力を有している人を評価し習熟度の高い受験者を受け入れます。

応用バイオ科学部 応用バイオ科学科

【求める学生像】
応用バイオ科学科では、科学技術や自然科学に対する興味と熱意を持っている人材を幅広く求めています。したがって、多面的で多彩な評価を可能にするため各種選抜方法を実施しています。

【選抜試験の趣旨と重視するポイント】
求める学生像に沿った多彩な人材を選抜するために個性と得意分野を活かして受験できるよう複数の入試制度を設けて選抜を行います。

  1. 1.AO入試では、本学科で求める学生像をよく理解し、本学科で意欲的に学業・研究に励む学生を求めています。単なる学業成績とは異なり、筆記試験による入試では評価できない受験者個々の実績や適性等を、それぞれの入試方式における選抜方針に基づいた評価内容により面接と合わせて評価し受け入れます。
  2. 2.推薦入試では、本学科で求める学生像をよく理解し、高等学校在学中の学業・課外活動・各種資格等を通じて、自分の将来の進路を見据える明確な目的意識を持った学生を求めています。高等学校在学中の学業・課外活動・各種資格状況をそれぞれの入試方式における選抜方針に基づいた評価内容(提出書類、高校時代の実績、適性検査等)や面接の結果を評価し受け入れます。
  3. 3.一般入試とセンター方式入試では、各教科の理解度をみることで、高等学校での学習が十分達成しているかを判断します。

応用バイオ科学部 栄養生命科学科

【求める学生像】
栄養生命科学科では、管理栄養士並びに食品衛生管理者、食品衛生監視員、栄養教諭として活躍したいと考えている人、または栄養現象への疑問や課題の発見そして解決に向け、本学科において学びや知識の習得に積極的に取り組める人材を幅広く求めています。したがって、多面的で多彩な評価を可能にするため各種選抜方法を実施しています。

【選抜試験の趣旨と重視するポイント】
求める学生像に沿った多彩な人材を選抜するために個性と得意分野を活かして受験できるよう複数の入試制度を設けて選抜を行います。

  1. 1.AO入試では、本学科で求める学生像をよく理解し、本学科での勉学に意欲的かつ継続的に取り組むことができる学生を求めています。単なる筆記試験による入試では評価できない受験者個々の適性等をそれぞれの入試方式における選抜方針に基づいた評価内容により面接と合わせて評価し受け入れます。
  2. 2.推薦入試では、本学科で求める学生像をよく理解し、高等学校在学中の学業・課外活動・各種資格等を通じて、自分の将来の進路を見据える明確な目的意識を持った学生を求めています。それぞれの入試方式における選抜方針に基づいた評価内容(提出書類、高校時代の実績、適性検査)と面接の結果を併せ評価し受け入れます。
  3. 3.一般入試とセンター方式入試では、各教科の理解度をみることで、高等学校での学習が十分達成しているかを判断します。

情報学部 情報工学科

【求める学生像】
情報工学科では、情報技術やその関連分野に対する興味と熱意をもつ意欲的な人材を幅広く求めています。したがって、多面的で多彩な評価を可能にするため各種選抜方法を実施しています。

【選抜試験の趣旨と重視するポイント】
求める学生像に沿った多彩な人材を選抜するために個性と得意分野を活かして受験できるよう複数の入試制度を設けて選抜を行います。

  1. 1.AO入試では、学業成績だけでは評価が困難な能力(コミュニケーション能力、独創性等)を評価するため受験者個々の実績や適性および面接等を通してそれぞれの入試方式における選抜方針に基づいた評価内容により受け入れます。
  2. 2.推薦入試では、それぞれの入試方式における選抜方針に基づいた評価項目(評定値、資格取得、適性検査等)や面接の結果を評価し受け入れます。
  3. 3.一般入試とセンター方式入試では、高等学校における数学・理科・英語・国語をはじめとする幅広い分野に関する基礎学力を有している人を評価し習熟度の高い受験者を受け入れます。

情報学部 情報ネットワーク・コミュニケーション学科

【求める学生像】
情報ネットワーク・コミュニケーション学科ではネットワーク通信技術、セキュリティ技術、ネットワーク応用技術に興味がありこの分野で活躍したいと考えている人材を幅広く求めています。したがって、多面的で多彩な評価を可能にするため各種選抜方法を実施しています。

【選抜試験の趣旨と重視するポイント】
求める学生像に沿った多彩な人材を選抜するために個性と得意分野を活かして受験できるよう複数の入試制度を設けて選抜を行います。

  1. 1.AO入試では、学業成績だけでは評価が困難な能力(コミュニケーション能力、独創性等)を評価するため受験者個々の実績や適性および面接等を通してそれぞれの入試方式における選抜方針に基づいた評価内容により受け入れます。
  2. 2.推薦入試では、それぞれの入試方式における選抜方針に基づいた評価項目(評定値、資格取得、適性検査等)や面接の結果を評価し受け入れます。
  3. 3.一般入試とセンター方式入試では、高等学校における数学・理科・英語・国語をはじめとする幅広い分野に関する基礎学力を有している人を評価し習熟度の高い受験者を受け入れます。

情報学部 情報メディア学科

【求める学生像】
情報メディア学科では、メディア関連技術やコンテンツ制作に強い興味を持ち、この分野で活躍したいと考えている人材を幅広く求めています。したがって、多面的で多彩な評価を可能にするため各種選抜方法を実施しています。

【選抜試験の趣旨と重視するポイント】
求める学生像に沿った多彩な人材を選抜するために個性と得意分野を活かして受験できるよう複数の入試制度を設けて選抜を行います。

  1. 1.AO入試では、学業成績だけでは評価が困難な能力(コミュニケーション能力、独創性等)を評価するため受験者個々の実績や適性および面接等を通してそれぞれの入試方式における選抜方針に基づいた評価内容により受け入れます。
  2. 2.推薦入試では、それぞれの入試方式における選抜方針に基づいた評価項目(評定値、資格取得、適性検査等)や面接の結果を評価し受け入れます。
  3. 3.一般入試とセンター方式入試では、高等学校における数学・理科・英語・国語をはじめとする幅広い分野に関する基礎学力を有している人を評価し習熟度の高い受験者を受け入れます。

看護学部 看護学科

【求める学生像】
看護学科では、看護学分野に興味と関心を持ち、看護職に対して職業意識を有している人や国家試験受験資格の取得および国家試験合格に向けての学習意欲を有している人ならびに自分の考えを適切に表現し、他者に対して的確に伝えることができる人材を幅広く求めています。したがって、多面的で多彩な評価を可能にするため複数の選抜方式を実施しています。

【選抜試験の趣旨と重視するポイント】
求める学生像に添った多彩な人材を選抜するために個性を活かして受験できるよう複数の入試制度を設けて選抜を行います。

  1. 1.AO入試では、集団ディスカッションや面接を通し、学業成績だけでは評価が困難な能力(職業意識、コミュニケーション能力等)をそれぞれの選抜方針に基づいた内容により評価し、受験者個々の適正を受け入れます。
  2. 2.推薦入試では、選抜方針に基づいた面接、書類審査(調査書、推薦書、評定値)および適性検査の結果を併せ評価し受け入れます。
  3. 3.一般入試では、各教科の理解度をみることで、高等学校での学習が十分達成しているかを判断します。

情報学部共通コース スポーツ情報科学コース

【求める学生像】
スポーツ情報科学コースでは、本コースの教育目的に沿った人材を育成するために次のような学生を求めます。
1.基礎学力があり、ICTのスポーツ分野への応用に強い関心をもっていること。
2.将来、スポーツ分野でICTを活かして活躍する意欲があること。

【選抜試験の趣旨と重視するポイント】
求める学生像に沿った人材を選抜するために個性と得意分野を活かして受験できるよう入試制度を設けています。

  1. 1.AO入試(実績評価方式)では、スポーツ分野へのICT応用への実績を提出書類および面接で評価します。
  2. 2.AO入試(適性評価方式)では、スポーツ分野へのICT活用への関心度を提出書類および面接で評価します。
  3. 3.一般入試とセンター方式入試では、高等学校における数学・理科・英語・国語をはじめとする幅広い分野に関する基礎学力を有している人を評価して習熟度の高い受験者を受け入れます。

情報学部共通コース サウンドコミュニケーションコース

【求める学生像】
サウンドコミュニケーションコースでは、ICTやその関連分野に対する興味と熱意を持つ意欲的な人材を幅広く求めています。本コースの教育目的に沿った人材を育成するために次のような学生を求めます。
1.基礎学力がありICTのサウンドコミュニケーション分野への応用に強い関心をもっていること。
2.将来、サウンドコミュニケーション分野でICTを活かせる技術者あるいはクリエーターとして活躍する意欲があること。

【選抜試験の趣旨と重視するポイント】
求める学生像に沿った人材を選抜するために個性と得意分野を活かして受験できるよう入試制度を設けています。

  1. 1.AO入試(実績評価方式)では、同入試の選抜方針に基づいた評価を行います。AO入試(適性評価方式)では、サウンドコミュニケーション分野へのICT活用の関心度を志願書や面接で評価します。
  2. 2.一般入試とセンター方式入試では、高等学校における数学・理科・英語・国語をはじめとする幅広い分野に関する基礎学力を有している人を評価して習熟度の高い受験者を受け入れます。

スーパーサイエンス特別専攻 環境エネルギー特別専攻

【求める学生像】
環境エネルギー特別専攻では、本専攻の教育目的に沿った人材を育成するために次のような学生を求めます。
1.環境やエネルギー分野に興味があること。
2.高校分野の数学、理科、英語、国語の基礎学力があること。

【選抜試験の趣旨と重視するポイント】
求める学生像に沿った多彩な人材を選抜するために個性と得意分野を活かして受験できるよう入試制度を設けています。

  1. 1.AO入試では、入試方式における選抜方針に基づいた評価内容により受験者個々の適性等を適性試験及び小論文、面接で評価し受け入れます。
  2. 2.一般入試とセンター方式入試では、高等学校における数学、理科、英語、国語をはじめとする幅広い分野に関する基礎学力を評価し受け入れます。

スーパーサイエンス特別専攻 医生命科学特別専攻

【求める学生像】
医生命科学特別専攻では、本専攻の教育目的に沿った人材を育成するために次のような学生を求めます。
1.科学的な基礎知識をはじめとする高校分野の基礎学力(数学、理科、英語、国語など)と論理的な思考能力を有していること。
2.科学・技術に対する興味をもち、医生命科学を修得し、国際的に活躍したいという熱意を有していること。
3.コミュニケーション能力をもち、社会に貢献したいという意欲を有していること。

【選抜試験の趣旨と重視するポイント】
求める学生像に沿った多彩な人材を選抜するために個性と得意分野を活かして受験できるよう入試制度を設けています。

  1. 1.AO入試では、入試方式における選抜方針に基づいた評価内容により受験者個々の適性等を適性試験及び小論文、面接で評価し受け入れます。
  2. 2.一般入試とセンター方式入試では、高等学校における数学、理科、英語、国語をはじめとする幅広い分野に関する一定以上の基礎学力を有している人を評価し習熟度の高い受験者を受け入れます。

スーパーサイエンス特別専攻 ICTスペシャリスト特別専攻

【求める学生像】
ICTスペシャリスト特別専攻では、本専攻の教育目的に沿った人材を育成するために次のような学生を求めます。
1.高校分野の数学や英語の基礎学力があり、科学的な探究心を持っていること。
2.将来情報分野においてトップ技術者として、技術開発や研究で活躍する意欲があること。

【選抜試験の趣旨と重視するポイント】
求める学生像に沿った多彩な人材を選抜するために個性と得意分野を活かして受験できるよう入試制度を設けています。

  1. 1.AO入試では、入試方式における選抜方針に基づいた評価内容により受験者個々の適性等を適性試験及び小論文、面接で評価し受け入れます。
  2. 2.一般入試とセンター方式入試では、高等学校における数学、理科、英語、国語をはじめとする幅広い分野に関する基礎学力を有している人を評価し習熟度の高い受験者を受け入れます。

スーパーサイエンス特別専攻 次世代自動車開発特別専攻

【求める学生像】
次世代自動車開発特別専攻では、本専攻の教育目的に沿った人材を育成するために次のような学生を求めます。
1.高校分野の力学や微分積分学を基礎にして進む講義内容が理解できる理科や数学の基礎学力があること。
2.次世代自動車のグローバル化を理解し、英語の基礎学力があること。
3.次世代自動車研究開発・設計に強い興味があり、高度の学問や技術に興味と意欲があること。

【選抜試験の趣旨と重視するポイント】
求める学生像に沿った多彩な人材を選抜するために個性と得意分野を活かして受験できるよう入試制度を設けています。

  1. 1.AO入試では、入試方式における選抜方針に基づいた評価内容により受験者個々の適性等を適性試験及び小論文、面接で評価し受け入れます。
  2. 2.一般入試とセンター方式入試では、高等学校における数学、理科、英語、国語をはじめとする幅広い分野に関する基礎学力を有している人を評価し習熟度の高い受験者を受け入れます。

スーパーサイエンス特別専攻 ロボットクリエータ特別専攻

【求める学生像】
ロボットクリエータ特別専攻では、本専攻の教育目的に沿った人材を育成するために次のような学生を求めます。
1.ロボットに関して強い関心があること。
2.大学院への進学または将来ロボット開発の仕事に携わりたいという意欲があること。
3.機械加工や電子工作など、ものづくりに対する経験があること。

【選抜試験の趣旨と重視するポイント】
求める学生像に沿った多彩な人材を選抜するために個性と得意分野を活かして受験できるよう入試制度を設けて選抜を行います。

  1. 1.AO入試では、適性検査により基礎学力を評価すると共に、学業成績だけでは評価が困難な能力(コミュニケーション能力、学習意欲、独創性等)を小論文、面接により評価し、それらの結果により受け入れます。
  2. 2.一般入試とセンター方式入試では、高等学校における数学、理科、英語、国語をはじめとする幅広い分野に関する基礎学力を有している人を評価し習熟度の高い受験者を受け入れます。

スーパーサイエンス特別専攻 機械工学特別専攻

【求める学生像】
機械工学特別専攻では、本専攻の教育目的に沿った人材を育成するために次のような学生を求めます。
1.数学、外国語(英語)、理科(物理)などの基礎学力を有していること。
2.コミュニケーション能力を有し、文章・口頭にて自分の考えを明確に伝えることができること。

【選抜試験の趣旨と重視するポイント】
求める学生像に沿った多彩な人材を選抜するために個性と得意分野を活かして受験できるよう入試制度を設けます。

  1. 1.AO入試では、入試方式における選抜方針に基づいた評価内容により受験者個々の適性等を適性試験及び小論文、面接で評価し受け入れます。
  2. 2.一般入試とセンター方式入試では、高等学校における数学、理科(物理)、英語に関する基礎学力を評価し受け入れます。

PAGE TOP